【ドラマ化決定】長閑の庭のあらすじや感想【試し読み情報も有】

マンガ
スポンサーリンク

長閑の庭のあらすじと読んでみた感想が書いてあります

本編がはっきり想像できるようなネタバレは書いてありません

長閑の庭のあらすじ

地味で大人しい内面と外面から

ドイツ語で「黒」を意味するシュバルツさんと呼ばれる

大学院生 元子 23歳

 

彼女にはドイツ文学教授 榊 64歳という

憧れの教授がいた

 

元子は榊に告白するも

勘違い」だと断られてしまう

 

この気持ちは好意

恋愛の定義を模索する

年の差恋愛未満ストーリー

 

長閑の庭を読んだ感想

おじ様が好きな人ならたまらない作品だと思います。

 

知的で感情に流されないような教授が

はじめは主人公である元子と距離を取ろうとするも

徐々に惹かれていく姿を楽しみながら読んでいました。

おじ様めちゃ可愛いです・・!

 

主人公の元子は素直なゆえに不器用なところがあり

急展開!っていうよりは

ゆっくり進んでいくストーリーって感じです。

 

恋について自分の中でも考えさせられる作品で

ほんの些細なことでも気になってしょうがなかったり

自分の経験と照らし合わせている場面もありました。

 

【無料】スマホで長閑の庭を試し読みしたい

スマホで長閑の庭を試し読みしたい方は

まんが王国がおすすめです

 

登録なしで試し読みができるので

  1. サイトへ移動
  2. 長閑の庭と検索
  3. 試し読みをする

このように3ステップで試し読みができます。

 

私もまんが王国を使っていますが

ランキングを見て面白そうなまんがを見つけたりできるので

なかなか重宝しています。

 

よかったら登録してみてください!

 

 

タイトルとURLをコピーしました