アルバイトの選び方!失敗しないために見るべきポイント

雑記
スポンサーリンク

 

初めてアルバイトを始めるときって何を見ればいいのかよくわからないですよね

 

そんなあなたのために調べる段階で見るべきポイントをまとめました

 

アルバイトを始めてから後悔することがないようにしっかり覚えておきましょう

 

 

アルバイトを選ぶときに見るべきポイント

 

勤務時間

アルバイトをするときはあなたの生活に合った無理のない範囲で働きましょう
あなたの空いている時間にアルバイトをはめ込むことを意識して勤務時間をチェックするのがオススメです
無理に時間を合わせてアルバイトを始めてしまうと長続きしません

 

給料

時給についてはそれほど重要ではありませんが確認は必須です
というのも近年では最低賃金も上がってきているので、それほど気にする必要はありません
シフトを組む際にどのぐらい稼げるかの計算に使う程度です

 

シフトの融通

どうしても外せない予定とアルバイトが被ってしまった時に休みをもらえるのか
アルバイトをするにあたってシフトの融通はとても重要なことです
シフトは1ヶ月分を提出?1週間ごとに提出?それともシフトは固定?
休む際は誰かに代わりに出てもらう必要がある?
シフトの融通については募集要項からわかる場合もありますが、実際に働いている(働いていた)友達などに聞くのもよいでしょう

 

仕事内容

長く続けたいなら仕事内容はとても重要になります
例えば、同じファミレスでもホールとキッチンでは働く環境は変わります
あなたはどういう仕事がしたいのかをある程度決めておきましょう

よく仕事内容を「楽なバイト」に絞って探す人がいますが、オススメしません
確かに個人で経営しているお店やコールセンターなど、比較的に仕事が楽チンなアルバイトはありますが

「楽=楽しい、長く続く」ではありません
あくまでも自分に向いている、興味があるアルバイトを探しましょう

 

雰囲気

募集要項にもアットホームな仕事場です!みたいなことが書いてあったりしますが、そんなの人によって感じ方は違います
実際にその店舗へ行き「お客さんの年齢層、店員の雰囲気(学生アルバイトが多いか、見るからにオーバーワークではないか)」などを見てくるのがいいでしょう

 

立地

アルバイトを始めたら、そのお店は毎週通う場所になるので立地も重要になります
学校から近い?その場合休日に家からアルバイトに行く時不便じゃない?
駅から近い?交通の便はあるが人が多い分お店が忙しいかも?
家よりにするのか、学校よりにするのかよく考えましょう

 

同じ業種のアルバイトをしてる友達に話を聞くのも一つの手

求人を見たり、実際にお店に行ってもやはり働いてみないとわからない事は沢山あります
なので同じお店または同じ業種のアルバイトをしている(していた)友達に聞いてみるのがいいでしょう
聞く内容は先ほど紹介した内容でもいいですし、どんな感じかをザックリ聞くのもいいでしょう

 

事前に調べずにアルバイトを始めた場合の失敗例

これは実際に私が事前に調べずにアルバイトを始めた時に起きた失敗談です
調べないとこんな事も起きますよ、みたいな感じで知っておいてください

高校生2年生の頃に初めてアルバイトを始めようと思い、どこでやろうか考えていまいた
最終的に調べたりするのが面倒くさくなってしまい
学校から近いという理由だけで倉庫でピッキング(商品を箱に詰める作業)をするアルバイトをすることに決めました

その倉庫のアルバイトには無事採用してもらい働き始めたのですが
働き始めたタイミングが悪く、期末テストの直前でした
テストの点数は落としたくなかったので、テストの前の週の土日を休みにしてもらおうと
シフトの管理をしている人に相談しに行きました

しかし人手が足りないために、シフトの調整はできないと追い返されてしまいました

面接時にシフトの変更ができるかを聞かなかったため、このようなことが起こってしまったんです

こうならないためにも、事前の調査と面接時に聞くことはとても大事です

 

まとめ

アルバイトを始めてるときはしっかり下調べをして気になることは面接のときに必ず聞きましょう

後から何言われるかわからないですからね

 

 

 

雑記
スポンサーリンク
シェアする
趣味ニ生キレバ夜ガ明ケル
タイトルとURLをコピーしました