デュアルディスプレイが便利すぎる!実際に使ってみてメリットとデメリットを分析した

パソコン・周辺機器
スポンサーリンク

デュアルディスプレイに使ったディスプレイはこれ

今回実際に使用したディスプレイを一応紹介しておきます。

このディスプレイを2つ購入して使いました。

ディスプレイの中では安めの物を使ったよ

設定方法などに関しては今回は省略させてもらいます。

 

デュアルディスプレイをしてみた感想

結論から言うと、めちゃくちゃ便利です。。。
作業効率上がりまくりです。

私は元々ながら作業が癖で、スマホを見ながら動画をみる的なことをずっとしていました。

ディスプレイが1つの時はウィンドウをいくつも立ち上げて右側に動画、左側にウェブサイトみたいな配置で頑張っていたのですが、やはり1つの画面で行うと1つ1つのウィンドウが小さくなってしまい少し不便でした。

しかしデュアルディスプレイにしてからは右画面を動画にして左画面をウェブサイトにするなど、今まで窮屈だった画面が広々と使えてとても便利です。

さらに、私はPCゲームをよくするのですが、ゲームをしながら動画を流すという究極のながらプレイが実現できました。

動画でなくてもゲームとそのゲームの攻略ページみたいな組み合わせもできますし、作業効率が上がることは間違いないです。

あと、デュアルディスプレイだとパソコン周りがカッコよく見えます(笑

長々と感想を書きましたが、わかりやすくまとめると以下の通りです。

メリット

  • 作業効率が上がる
  • パソコンの用途が増える
  • 見た目がカッコよくなる

この3つが大きなメリットだと感じました。

人によっては他のメリットを感じるかもしれませんが、大体はこの3つだと思います。

それぞれについて詳しく説明していきます。

作業効率が上がる

まずなんといっても作業効率が上がる。
これはとても感じました。

単純に作業領域が増えるので、効率が上がるのは必然的ですね。

パソコンの用途が増える

今までできなかったことができるようになります。

例えば、今までゲームをやるだけでしたがゲーム配信も視野に入れることができます。

画面が1つだとコメントや配信画面を見ながらプレイができないので不便ですが、デュアルディスプレイにすることでそれが可能になります。

見た目がカッコよくなる

これは私の感想なのですが、ディスプレイを統一させると見た目がカッコいいです(笑

パソコン周りと机なども色を合わせたりすると統一感が出てとても綺麗に見えます。

デメリット

  • ある程度幅の広い机が必要
  • 電気代が少し増える

ある程度幅の広い机が必要

ディスプレイを2つ置くには広めの机が必要です。

しかし、ディスプレイアームを使えば広い机を使わなくてもデュアルディスプレイにすることができます。

電気代が少し増える

使う機材が増えれば単純に電気代も増えます。

とはいってもディスプレイ1枚ならそれほど変わらないので気にしなくても大丈夫だと思います。

 

デュアルディスプレイにオススメのディスプレイ

実際に使ってみて、両方同じ大きさにするなら24インチぐらいが一番バランスがいいと思います。

最優違うサイズにするなら27と24・21ぐらいがいいと思います。

大きすぎるとかえって邪魔になってしまいますし、小さすぎるとデュアルディスプレイの意味がなくなってしまいます。

もしゲームをするならゲーミングディスプレイがオススメです。

そこも踏まえてオススメできるディスプレイを集めました。

パソコンをよく使うならデュアルディスプレイがオススメ

実際にデュアルディスプレイにしてみた感想を書きました。

効率も上がってとても気に入りました。

検討している人はぜひやってみてください!

タイトルとURLをコピーしました